読込中
Copyright © Mitsuo Matsuoka
東松山市総合会館
久米・白江建築設計共同企業体として受託
設計・監理等の実務全般を担
読込中市役所の増設機能及びレストラン,コンヴェンションホ−ル、貸し会議室等を含む複合施設。

施設の建設自体が地域の活性化の動機付けになるように期待された。市道を越えて既存市庁舎と接続する渡り廊下の設置や、歩道橋との連絡など、都市的な要素を含む建築。都市計画的スケ−ルでの検討を進めて、その一部分として本施設を設計した。

長期的には商業的性格が強まると思われるブロックに立地するため、階高が高く転用性が高い空間構成と、商業的な雰囲気の意匠を採用している。 南面する駐車場等の民有地が都市広場として整備が可能になった場合には、広場と一体になった運用ができるよう考慮している。

都市に開かれた解放的な施設計画と生態系に配慮した施設構成が特徴。管理が容易なSTL式蓄熱や雨水利用の中水システムなど、当時としては先進的な省エネ技術も採用している。

新建築 '92年11月号掲載、商店建築、日経アーキテクチュア、ジャパンランドスケープ等の雑誌で紹介された。